Untitled Document
ギャラリー
 
カレンダー
»

426

 

伦敦 Flora 马拉松

 

Dita’s day-off with TBS in Tokyo

 

ニュース/プレス

» 日本20093!”.
» 2009年1月1日    
  北京オリンピックを制した38才のスーパーママ
» 2008年11月25日   
  ディツァの休日 東京・TBSにて
» 2008年10月8日    
  彼女は年齢とともによくなっている。
» 2008年9月16日
  トメスク-ディツァの年齢のことを多くの選手たちが知り目標となりました。
» 2008年8月20日    
 

金メダル帰宅

» 8月17日    
  「38歳のルーマニア人ママは金メダリスト」マラソンの金に関するダイアン・プチン氏によるLAタイムズでの報道
»

8月17日

 

マラソンドラマ ルーマニア人の金への走りと残された銀」
ニューヨークタイムス誌 JERÉ LONGMAN氏

» 8月17日   
 

「トメスクはすばらしいワインのように年齢を重ねるごと良くなる。」ロイター社Balazs Koranyi氏

   
 
Untitled Document

»日本20093!”.

ボールダーでの練習をしてない時や、自宅で愛する人達と一緒でない時は、日本に行くのが大のお気に入りのコンスタンティナ・ディツァです。先週コンスタンティナ・ディツァは東京で、日本が大好きな理由をいろいろ見つけました。「プシャ(彼女の通称)」の個性を称賛する周囲の人々。

私は、日本人はいつも尊敬と感謝を表すのに特別な方法がある。と感じるが、今回の東京での日々で再びそう感じた。私は、スポーツとパフォーマンスの素晴らしい文化がある日本の人達から自分の20年間に渡る努力と労力に真の価値を見出しました。」とディタコンスタンティナ・ディツァは語る。

日本訪問のひとつの目的は、コンスタンティナが将来的に最高のパフォーマンスを得るために、科学的測定をやシューズのデザインを行うためにアシックス社の本社を訪れた。彼女は、世界でも数少ない特別なレースシューズを製作し、彼女専用のカスタマイズが実行されます。 今回、話し合いがもたれ、コンスタンティナとアシックス社との間で今後4年間の契約書が交わされ、アシックス社は用具等を彼女に提供します。


東京に到着後、コンスタンティナとバレリウ・トメスクコーチはいくつかの公式行事に参加した。まず、彼らは最初に、 decernarea賞「AIMS世界アスリートオブザイヤー」の授賞式に参加しました。1992年のタイトル創設以来、世界85カ国のマラソン・長距離協会に所属している260の競技会の代表者の投票によって決定されています。 この授賞式で、コンスタンティナは昨年度の世界最高のランナーに選ばれました。
コンスタンティナは名誉大使に指名されて、会合で異なる2つの事について話した。まず、在日ルーマニア大使館のアウレリアン・ネアグ全権大使との話し合いで、コンスタンティナの人気を活用し日本でのルーマニアのイメージ向上の促進を図る。次に、2016年のオリンピック開催を誘致している東京で一番重要な人物、石原慎太郎東京都知事をポルトガルのロサ・モタさんの他7名の偉大なチャンピオンと共に表敬訪問した。「オリンピック開催国に立候補するに当たり、オリンピック村やその他のスポーツ施設の計画などを確認した。本当に素晴らしい。 日本人は細部にも注意を払うことができ、イベントをスムーズに開催することができ、 2016年のより良いオリンピックを開催するためには東京以外のホストは考えられない」とコンスタンティナ・ディツァは宣言している。
 

東京マラソンの開催日、多くの取材陣や報道陣がコンスタンティナに注目していた。強風にもかかわらず、ディツァは10kmレースの招待選手として参加し、路上の数万人の観衆からの「頑張って!」という声援に応えていた。

 
 
レースの終了後に、コンスタンティナは多くのファン達に囲まれサインや写真撮影を求められた。ディツァは報道陣やファンに対して愛国心やルーマニアについて語り、また、2016年のオリンピック誘致の成功についても語っていた。